短期で集中的に勉強したい入門者向けの文法書「30日で学べるフランス語文法」の解説と使い方のレビュー


このエントリーをはてなブックマークに追加

30日で学べるフランス語文法の内容



タイトル 30日で学べるフランス語文法
ジャンル 文法書
難易度 初心者, 仏検5級レベル, 仏検4級レベル, 仏検3級レベル
使用目的 フランス語の基礎文法を知る, フランス語の初級文法を復習する, 仏検に対応する力を鍛える

30日で学べるフランス語文法の説明

30日間でその言語の基礎がしっかりと身につくように多くの工夫を盛り込みました。まず単語にフリガナを付けました。そして効率よく学習できるように1日分の中に文法解説と練習問題を掲載。また理解度の確認用として赤シートも付けました。さらには巻末によく使うフレーズ集を別冊まで付けました。学生から社会人にまで幅広く活用できる入門書です。

30日で学べるフランス語文法の解説

フランス語の学習を始めたい入門者から、少し基礎を勉強した初級者までを対象とした文法の参考書です。フランスとはどういう国か、フランス語とはどういうものかというところから、アルファベ、発音、男性名詞・女性名詞など、フランス語入門者がつまずいてしまいがちな基本の部分を丁寧に説明しています。

『30日で学べる~』とあるように、30日それぞれのテーマで順序立てて学べるよう作られています。10日目までは名詞や形容詞の性数変化など基本的なことが、20日目までは日常会話で使われる文法が、そして最後は非人称構文や中世代名詞、ジェロンディフなど、少しレベルアップした文法が学べる内容になっています。

単語や例文にはカタカナでフリガナがついています。フランス語の特徴でもある鼻母音はひらがなになっているので、入門者でもわかりやすいですね。

例文の一部の文字が赤くなっているところがあり、赤いシートで隠すと単語帳の役目も果たしてくれます。練習問題の答えも赤字で書かれているので、いつでも復習することができます。

30日で学べるフランス語文法の使い方

30日という短期集中でフランス語を学習できるようになっているので、まずは順番通りに1日目から始めるのがおすすめです。

1日分の学習量は4ページです。基本の文型となる例文がいくつかあり、その解説が続きます。1日分の終わりには練習問題と解説が2ページ分あります。そして5日ごとに復習問題が出てきます。

最初の方は文字や単語だけなので難易度が低いのですが、後半になるにつれて難しくなってきます。1日では覚えきれないこともあるかもしれません。何度も練習問題を繰り返すことで着実に基礎を身につけていきましょう。

発音を学ぶには付属のCDも重要です。フランス語は「eau」を「オ」と読むなど、綴りによって読み方が変わってきます。また、語尾の子音を発音しない、前の単語の語尾と次の単語を続けて発音するなどの特徴もあります。単語だけを覚えるのではなく、冠詞がついた時や文章になった時の発音の違いを、CDを聞きながらしっかり確認しましょう。

別冊で旅行などに使える「フランス語の基本フレーズ集」がついています。文法ばかりではなく、よく使うフレーズが勉強できるのもうれしいです。

30日で学べるフランス語文法

30日で学べるフランス語文法
7.4

値段

6/10

    使いやすさ

    9/10

      解説

      8/10

        練習問題

        7/10

          おすすめ度

          7/10

            おすすめポイント

            • - 練習問題付き
            • - 解説がわかりやすい

            マイナスポイント

            レビューエリア

            「30日で学べるフランス語文法」の感想やおすすめポイント、マイナスポイントを他のユーザーにも伝えることができます。あなたの付ける評価も本の評価に反映されるのでぜひ、コメントを残してみてください。

            コメントを残す

            メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です